バリアフリーで安心生活をしましょう!

子供や若い人は、多少転んだりしても膝をすりむくくらいで、
笑い話で済みますが、お年寄りの場合はそれをキッカケに
急激に弱ったりして、時には寿命を縮める事にもなります。
体力の衰えたお年寄りの状態をシュミレートするには、
関節が曲がり難いように、何かを取り付けたり、重く感じるように
身体のポイントにオモシをつけるなどすると、体験できますが、
その状態で動くと、ただの階段とか、狭い廊下とかが、いかに
危険であるかを認識できます。
だからこそ、家にお年寄りがいる家庭は、バリアフリーで
安心生活を手に入れてください。
考えて見れば、手すりや
急すぎない階段などお年寄りとか関係なく、人間が快適に
過ごすために生み出したものですよね。
さらにそれを、
もっと安全にした物を導入すれば、お年寄りでない人でも
危険を回避して、家の中で過ごす事が出来るようになるので、
全くマイナス面を考える事はありません。
もちろん、車椅子など一般的な生活が出来ない人を、ストレスなく
家族の一員として考え、暮らすための手伝いもバリアフリーは
してくれますよね。