バリアフリーで安心の住まいを

バリアフリーというのは高齢者住宅などでよく使われていると思います。
私の祖母は今施設に入って生活をしているのですがそこでも勿論使われています。
玄関の部分の敷居が全くありません。
ですので足をひっかけることがないのでその点非常にいいのではないかと思います。
それから車椅子で出入りしやすいのでその点も非常にいいのではないかと思います。
それからあと、手すりなどもついているので転ぶ可能性が低いのでその点も非常に良いのではないかと思います。
安心して暮らすためにはこれがとても大事だという事が分かりました。
これは高齢者の家だけではなくて普通の家族が暮らす家にもいいのではないかと思います。
小さな子供がいてる家庭などにはいいのではないかと思います。
それにずっと暮らしていると最初はそうでもなく手も段々と年をとってくると思いますしそのための対策としてもいいのではないかと思いました。
私の家ももしもリフォームするなら段差のない家にしたいと思います。